9c517e8f.JPG

トヨタ自動車から新型車「RASH」(ダイハツはビーゴ)が発売されました。

この車の特徴として、
.灰鵐僖ト2BOX並みの運転のしやすさ
 これは高目のアイポイントで運転視界が開けていること、最小回転半径が4.9mと小さいことで非常に取り回しが楽であるということが言えます。
またボンネットの形やワイパーの取り付け位置なども考えて前方視界には細かいところまで配慮しています。

▲潺妊アムSUVを上回る上質で安心感のある乗り心地
 この新型車のボディはビルトインラダーフレーム一体型モノコックボディを採用しているためボディ剛性が非常に高く、走りに余裕が生まれること、またロールや腰高感が少ない、さらにロングホイールベース、ワイドトレッド、前後の重量バランスを50:50にしていることなどが大きな特徴です。

オフロード走破性の高さ
 これは△能颪い燭茲Δ縫咼襯肇ぅ鵝船椒妊でボディ剛性が高く悪路での衝撃に強いこと、センターデフロックが出来ること、対地障害角(前からアプローチアングル、ランプブレークオーバーアングル、デパーチャーアングル)が大きく、サスペンションストロークを大きく取っていることで路面の激しい凹凸に対応でき、駆動を確実に路面に伝えることが出来るのが特徴です。

まぁ簡単に書きましたが、この新コンパクトSUVの魅力はまだまだありますよぉ。
今すぐお店に行って確認しよう!

ちなみに僕は今日もアムラックスに行って新型車「RASH」を見てきました。

写真はRASHではありません、アムラックスの近くで見つけたので撮っただけです。