82696240.JPG少し前のことですが、夏物の服を買いに行って商品を選んでるときに、他のお客さんから店の商品について聞かれました。

どうやら僕を店員さんと間違えたようです。

すぐに自分が店員ではないことを伝えると、今度は本物の店員さんを見つけて話しかけていました。

店員さんと僕の服のセンスは、マクラーレンとスパイカーくらいの差があるので、今でも、僕のどこを見て店員だと思ったのか不思議でたまりません。

お店では、僕の足が少し短いせいで裾上げをしなくてはなりませんでした。
明日の朝、僕の足がモデルさん並に長くなるなら話は別ですが、そんなことはあり得ないことですからね。