9bf9aff4.JPG

今日、元ハンマー投げの選手と話をする機会がありました。

ハンマー投げに関して以前から思っていたのですが、選手はハンマーを投げてから叫ぶことがありますが、投げてから叫んだって記録は伸びないだろうって思っていました。

だから聞いてみました。

事実、投げた後に叫んでも記録は伸びないそうです。
ま、当たり前ですよね。

ただ、自分が思ったとおりのフォームで、思ったとおりのタイミングで投げたときは自然と声が出てしまうらしいです。
つまり、投てき後の「あ゛ーーー! わ゛ーーー! うぉ゛ーーー!」の叫び声を訳すと「よっしゃー! うまくいった! これは伸びるぞー!」という感じになるそうです。

そのハンマー投げの選手、現役時代、握力は70くらいはあったそうです。
すごいですね。
これでも選手の中では弱いそうですが、りんごは片手でつぶせるそうですよ。

僕もレーサーとしてなめられては困るので、生卵なら指二本でかる〜く潰せると言っておきました。

さらに驚いたのが、背筋力です。
その数値なんと270キロです。人間を超えていますね。
当時、その背筋力をコーチに言ったところ信じてもらえなかったので、もう一度コーチの目の前で測って見せて黙らせたそうです。

僕もレーサーとしてなめられては困るので、FTは富士のストレートエンドでは240キロくらい出ると言っておきました。

ちなみにその選手は、しきりに「ハンマーが投げたい」
と言っていました。

僕は、にしおかすみこの「あ゛ーーー」は全く別の叫び声だと思っています。

画像と本文は関係ありません。