8a023a9f.JPG

やあ。

銀座の高級ブランドショップ(←アルマーニとかグッチとかそういうの)の玄関に立っている背の高いイケメンは、そのショップの社員ではなくて実はバイトで店員をやっているという。

なにやら話を聞くと、その背の高いイケメンはモデルをやりながら、空いた時間で登録しておいた派遣会社から派遣されて高級ブランドショップ(←コーチとかティファニーとかそういうの)の店員をやっているというのだ。

まぁ、そんなことは知らなくてもいいのだがさらに話を聞くと、今月は5本も入ったからずいぶんと楽になったんです。
と言っていた。
5本も入ったと言うのは、モデルの仕事である。

しつこいようだが、さらに話を聞くとそのモデルの仕事は1本で10万も貰えるらしい。
と言うことは、×5で50万円も稼いだというわけだ。
長身でイケメンであるが故の苦労もあるだろうが、実にうらやましい限りである。

しかしモデルの仕事が入らないときもあるらしく、生きていくのに精一杯のときもあるみたいだ。
銀座の高級ブランドショップ(←プラダとかフェンディとかそういうの)で働いてるからといって高い収入があるとは限らないのだ。
それに、その店のブランド品などを身につけたり、着たり、履いたりするのもいくら社販があるからといっても楽ではないだろう。

そう考えると、雨の日の靴は東京靴流通セ○ターで買えばいいや、なんて考えてる僕のような庶民の方が楽なのかもしれない。

しかしあの店員はかっこよかったな。
オーリーそっくりである。


パクリンかわいい…。