CA3C00040006やあ。

先ほどちょっとした用事で出かけたら、家から3分のところで女性に声をかけられました。
少し日焼けしてて、背が小さくて、目がくりっとしていて、とてもキュートな女性です。

なにやら話を聞くと、隣の隣の隣町(同じ区内)から来たけどバス停の場所が分からないから教えて欲しいとの事でした。
と言う訳で、バス停まで案内しました。
住宅街のど真ん中だったので、口頭だけではバス停までたどり着けないだろうと判断したからです。

バス停までは15分くらいでしたがその間に色々話を聞きました。
この女性、とにかくペラペラよくしゃべる人でした。
別に嫌いじゃありませんけど。

私は世界を旅してて行ったことない国は無いとか、東京は自転車で走り回って、知らない街は無いとかって言ってました。
しかし、僕の地元は知らなかったようです。

そして占いの話になりました。
彼女は占い師みたいです。
聞かれたので誕生日を答えました。

すると、あなたは心が大きくて、人生はとても大きな困難があるけど、立派な人になると言われました。
お世辞であっても嬉しいです。
しかし、感じるのものは人それぞれですが、困難の無い人生を送ってる人はいないと思うのですが。

心が大きいかどうかは知りませんが、両親は、大きな心を持つ人になってほしいと願って「大介」という名前をつけたのは当たっているところです。
(荒木大輔から取ったという説もあるみたいですが・・・)

しかし残念なことに、僕は顔と態度がでかいだけで、心とアレは別に大きくありませんね。

僕を惑星にたとえるなら土星だと言ってました。
間違っても太陽や月ではないと。

リアクションに困ります。

土星の大きな輪は大きな心を表してるみたいです。
そうなんですか。

そんなこんなでバス停に着く直前に、「私の占いは一回3万円取るのよ」
って言ってきました。
一瞬、そういう手口かと思いましたが、「あなたは親切だからお金は取らないわ」って。
当たり前です。
遠回りをして自分の時間を割いて道案内をしてなぜ僕が3万円を?
僕の財布の紐をゆるめることが出来たら相当なもんです。

とりあえず、この先の大きな困難に負けないくらい大きな心を持って生きていけば、きっといいことがあるんじゃないかと今は思っています。
明日になったら忘れてるかもしれませんが。

今からまた出かけてきます。
しかし外は雨だし・・・、寒いし・・・、眠いし・・・。
いきなり相当な困難に出くわした感じで、心が折れそうです(笑)。