CA3C00820001やあ。

読書、終わりました。

後半は展開が良く変わって面白かったです。
ただ、悲しいことやつらいことが多すぎて、読んでて苦しくなることもありました。

でも事実ですから、受け止めなくてはいけません。
知らないほうが幸せなこともあるっていうのがつらいです。

分からないのは、先輩がなぜこの本を僕にくれたのかということ。

共通の趣味に関係してるとはいえ、内容が僕の気にしてることばかりで驚きました。
知ってて渡したのかな・・・。

そんなはずは無いです。
先輩とは、ここ数年で数回しか会ってないんで。


とりあえず、時間があったら最初から読み直してみたいと思います。

読書の楽しさに気づいた28歳独身男性が一人・・・。